10000円以上購入で送料無料

快適な布おむつ生活を始めましょう!


Step1  布おむつの必要数を用意しましょう

紙から布おむつに移行する時間によって必要数が変わります。
交換の目安は2時間前後です。
こちらはEcoNaps推奨の新生児〜おむつ卒業までの量になるので
月齢や赤ちゃんによって必要数は異なります。
(予備の数も含まれています)
毎日洗濯する想定ですが、インサートが完全に乾かない可能性もあるので多めにご用意して下さい。
まずはパートタイム(数時間)から始め、自宅での使用をオススメします。
替えのインサートの枚数
パートタイム
日中、2〜3回使用する場合、4〜5枚
日中フルタイム
1日に4〜6回使用する場合、6〜8枚
日中+夜間のフルタイム
1日に14〜18枚
おむつカバーはインサートを交換後、漏れがない限り1日使えますが、
汗をかいた場合は蒸れに繋がるので交換してください。

Step 2  インサート(中に敷くパッド)を用意しましょう

インサートとは、布おむつにスナップで取り付ける吸収パッドのことです。
布おむつには、基本のインサートが長短の2枚付属しています。
別売りのインサートを追加し、取り替えるだけなので
おむつカバーはそのまま使用し続けることが出来ます。
また、乾燥に時間がかかる梅雨の時期や雨の日にも、インサートの予備があると便利です。
ブースターとは、インサートに加えて使用する夜用の吸収パッドです。
生理のナプキンと同じように考えていただければ分かりやすいと思います。
用意できたら、インサートの吸収量を最大限にするために水通しすることをおすすめします。
 

Step 3 アクセサリーは防水仕様が便利です

濡れた布おむつを入れるのにもちろん、サイズも豊富なので
服や水着、小物類まで入れて使えるマルチユースな防水ポーチです。
スナップでくるんと小さくまとめられてお出かけ時にもおすすめです。
プリント側はナイロンの防水生地、
裏はバンブー素材のやわらかいベロア生地で出来ています。
洗って繰り返し使える母乳パッドです。
プリント側は防水生地、
肌に当たる側はバンブー素材のやわらかいベロア生地で、通気性も抜群です。